ハウスダストのアレルギーのお子さんがいるところは特にですが、エアコン内部は非常にほこりもたまっていますし、かびてしまっていることも多いです。最近では自動お掃除機能付きのエアコンも多く登場しており、フィルターをあまり掃除しなくてもよいので便利ではあります。しかし実はエアコンによっては、ダストボックスにたまったほこりは定期的に捨てなければならないという場合もありますし、使い方はきちんと見てから利用することが大事です。

フィルターを掃除していたとしても、自動お掃除機能がついていたとしても、エアコンの内部はほこりやカビでいっぱいです。またその内部は自分ではなかなかお掃除が出来ない部位です。というのも掃除機ではすいとれないような水分を少し含んでしまっていることもありますし、細かいところは掃除機では吸い取れません。道具を使ってしまうと、今度は内部をいためてしまうことになるのでプロのお掃除に任せる事をお勧めします。

エアコンクリーニングをすると、エアコンから出てくる空気もクリーンになりますし、かび臭かったりほこり臭かった場合でもにおいまでクリーンになります。できれば定期的にメンテナンスの一つとしてエアコンクリーニングを利用する事をお勧めします。

エアコンクリーニング