手頃な月額で、新車に乗れることで人気のサービスがカーリースですが、利用をするためには審査があります。

審査で確認される内容は、現在の職業や雇用形態・勤続年数や今後無理なく月額を支払っていくだけの収入があるかどうか、信用情報に事故情報がないかどうかなどです。現在、安定した収入を得ている人であっても、信用情報に債務整理や自己破産などの記録が残っている人や、キャッシングやクレジットカードの延滞を何度も繰り返している人の場合は、審査に落ちる可能性があります。

信用情報に記載されている情報は、自己破産であれば10年、それ以外であれば5年程度で削除されていきます。そのため、信用情報に関して不安がある場合は、債務整理や延滞などの情報が消えてから、カーリースの申し込みをする方が良いでしょう。カーリースの審査に落ちれば、そのこともまた信用情報に記載されることになるため、さらに審査に通りにくい状態となってしまうことは少なくありません。

勿論、安定した収入があり、信用情報に問題がない人であれば、スムーズに審査を通過することができるでしょう。審査を通ることができれば、その後は手頃な月額のみで気に入った車の運転ができるようになります。

カーリース